疲れ目による症状

Comments Off on 疲れ目による症状

目の焦点が合いにくくなったり、異物感があるときは、疲れ目による症状が出ているのかもしれませんので、目の体操をすることで、症状を減少させるようにしましょう。
目の体操なら、机上での仕事の際にもちょっとしたときにできますので、職場で目の疲れを感じたときにも、取り組んでみるといいでしょう。
最もシンプルな体操といえば、目を思い切りつぶりその後ぱちっと開くというのを何度か行うもので、開け閉めを早くするよりも2秒ずつ開けて閉めてをしたほうが、良い効果があります。
その他、これにプラスして黒目をいろいろな方向に動かす体操もすると良いでしょう。
黒目を上下左右に動かし、続けて右回りそれから左回りに動かしますが、頭を一緒に動かすのをやめ、黒目だけを視線の移動によって動かすということがコツです。
それから、近くから遠くへと視線を交互に移動させるという体操も、疲れ目には効果的です。
机で作業をしているときに取り組むのはしにくいかもしれませんが、窓際の席に座っているのであればすることができるでしょう。
本を読むくらいの距離にあるものを10秒ほど見つめたら、窓の外の遠くのものを10秒ほど見つめることを何度か行います。
ちょっと大振りなまばたきを数回行うだけでも、疲れ目を解消する体操になります。
いずれも手軽にできることばかりですが、体操をすること自体忘れてしまいがちなので、定期的に行う癖をつけていくといいでしょう。
温かいタオルと冷たいタオルを交代させながら目にかぶせる方法もいいでしょう。
スネ毛脱毛

Posted on 10月 31st 2012 in 健康