美容外科のレーザー脱毛の特徴

Add comments

美容外科等が使用する高出力のレーザー脱毛。一般的には出力が強いため、回数も少なく効果も期待できるという反面、痛さが伴うことと、肌にシミができるのではないかと言う不安が囁かれる傾向にあるようです。

実際のところどうなのかというと

まずこのレーザーの特徴は、メラニン色素に熱をあたえて反応させるというもので

これを照射した部分のメラニン色素をもつ毛根に吸収されるために、毛根に作用します。

ここで注意したいのは、メラニン色素に作用するということは

メラニン色素を多く含んでいる日焼けした肌は良くないということ。

ヤケドになる可能性があるからです。

なので、脱毛治療を受ける時点で日焼けはしていないことが条件となります。

ミュゼプラチナムに代表されるエステサロンにおいてもこのことに関しては同様ですけど

高出力のレーザー脱毛ではより注意が必要です。

カウンセリングで適性を確認しそれらを医師が注意し、コントロールすることによって

完全な脱毛を、より少ない回数で実現することができると考えています。

なので、もちろん脱毛が目的で肌への拝領が後回しになっているように感じますが

そもそも脱毛の目的は肌を美しく見せることなので、

脱毛のための脱毛になっては本末転倒ですからね。そうらないように受ける側も良く考えながら利用することが大事だと思います。

ミュゼ カウンセリング

 

Posted on 2月 10th 2015 in その他